ブリーチオンカラーとは

カラーリングを行う際に、明るくしていたい方や、
明るさが欲しいけれども、色味もしっかりと入れたいという方におすすめなのは、
まずブリーチを行い、そのあとカラーを入れるという方法です。
まず先に行うブリーチという技法についてですが、前提として黒髪というのは、
メラニン色素が多くあるため、
思った通りの色や色味を出していくのが
難しい髪質であるということを知っておいてください。
ブリーチというのはこのメラニン色素を抜く技法です。
これによって、カラーを入れなくても髪自体の色が明るいものとなります。
ブリーチによってメラニン色素を抜いて、
明るくすることで、入れることのできるカラーのバリエーションが増えることになります。
明るさや、透明感が欲しいという人は、
一度ブリーチをしてしっかりとベースづくりをしておくと、
自由自在の色味が楽しめるでしょう。
ブリーチをした後は、カラーのバリエーションにさまざまなものがあり、
黒髪に直接カラーを入れる場合よりも選択肢が広がることで楽しめるでしょう。

ベースを明るくすることで、幅が広がったカラーリングをすることが可能となります。
ただし、ブリーチやカラーをする際には、髪にダメージを与えてしまいますので、
これらの施術にある程度の時間を空けるなどして、
ダメージ対策をする必要があります。現在ではカラーリング方法はたくさんありますので、
ダメージの少ないカラーリング方法をするなど、
担当の美容師としっかりと相談して、
髪のダメージもしっかりと考慮したうえで、行う必要があるでしょう。
渋谷でヘアサロンを選ぶ際も、相談しやすそうな雰囲気のあるお店を選ぶといいですね。

パーマをかけたい方に

ヘアスタイルを変えたいという方で、
パーマをかけようと考えている人がいるでしょう。
パーマをかけることで、髪の動きを今までと違ったものにすることが出来るため、
ヘアスタイルを変える方法として非常にポピュラーなパーマですが、
現在ではパーマにもさまざまな種類があります。
どのようなヘアスタイルにしたいのか、だけではなく、
自分の髪のくせや髪質、ダメージの状況などによって、
どの方法でパーマをかけるのが良いのかということが変わってきますので、
どの方法でパーマをかければ
自分の希望のヘアスタイルにすることが出来るのかについてしっかりと考えましょう。

 

従来のパーマと違う方法に、デジタルパーマという技法があります。
これは、髪の毛に熱を与えることで、パーマの持ちが従来のものよりもかなり良くなります。
普通のものよりも1.5倍ほど長持ちするといわれています。
ただし、熱を加えるため、髪の毛に対するダメージは大きなものとなります。
強めのパーマをかけたいという人や、長持ちさせたいという人にお勧めです。
また、エアウェーブという技法もあります。
これは、空気を使ってパーマの係を良くする技法です。
デジタルパーマほどではありませんが、長持ちさせることが出来、
ダメージも少なめとなっています。
どちらの技法も、施術時間が少し長めとなっていますので、
時間的に余裕があるときにチャレンジしてみることをお勧めします。
自分の希望がどのようなものなのかを担当の美容師と相談して、
自分に合った方法でパーマをかけることをお勧めします。
 

更新履歴