ダメージにあったトリートメントを行う

 

 

髪のダメージの原因にはさまざまなものがあり、
物理的もしくは化学的どちらかによって髪のダメージは進行していきます。
例えば、物理的なものですと無理なブラッシングや就寝時の枕による摩擦、
ドライヤーの熱や、ヘアゴムなどできつく結わえた際にダメージが進行します。
科学的なものですと、紫外線や過度な洗浄力のシャンプー、
不適切なスタイリング剤、パーマやカラーなどによってダメージが進行します。

 

そのダメージの原因が何なのかによって、
トリートメントのアプローチの仕方は変わってきます。
例えばブラシや摩擦による物理的な原因によるダメージの場合は、
毛髪表面のダメージですので、内部補修よりも外側のコーティング、
皮膜効果のあるトリートメントを行う方が適しています。
逆に、紫外線や薬剤による科学的なダメージの場合は、
内部までの損傷が激しくなることが多いため、
内部補修をしっかりと行えるトリートメントが適しています。
このように、ダメージの原因をはっきりとさせることで、
それに適したトリートメントを行うことが出来ますので、
より効果的にトリートメントを行うことができます。
そのため、ダメージの原因ははっきりとさせることをお勧めします。
これらを調べるには、自分がどのような生活をしているのか振り返ってみたり、
担当の美容師と相談したりすることで分かるでしょう。
担当の美容師と相談する際には、
それに適したトリートメント方法を教えてくれたり、

美容室でトリートメントを施術してくれたりするでしょう。
まずは美容師と相談してみてはいかがでしょうか。