カラーリングの種類と特徴

美容室で髪の色を変える事を、カラーリングと言います。
カラーリングの色について、決めていても、
カラーリングの種類については、決めていない人は多いのではないでしょうか?
そもそも美容室のカラーリングは1種類だけしかないと思っていませんか?

 

美容室の規模により、何種類のカラーリングを扱っているかは個々のお店によって異なります。
しかしカラーリングの種類は大きく分類すると、
アルカリ性カラー、酸性カラー(ヘアマニキュア)、ブリーチ剤、
ハーブカラー、黒染めの5種類あります。

 

それぞれカラーリングの種類によって、染まり方や、髪へのダメージ、料金、色持ちなどが異なります。
特徴を知った上で、自分の希望に合う、カラーリングの種類を選ぶようにしましょう。
では、簡単にカラーリングの種類について、説明したいと思います。

 

「アルカリ性カラー」は、髪のメラニンを分解し、色素をのせる方法です。
発色がよく、色持ちがいいのですが、髪は弱酸性なので、
アルカリ性カラー剤は髪に大きな負担を与えてしまいます。

 

「酸性カラー」は、髪のキューティクルの表面に、色素をコーティングする方法です。
アルカリ性カラーほど、発色がよくありません。
そのため黒髪だと上手く染まらない場合があります。
そのため、ブリーチ剤で色を抜いた後だと、綺麗に染まります。

 

「ブリーチ剤」は、髪の色素を分解し、脱色します。
色を入れるのではなく、色素が抜けた状態です。
ブリーチ剤もアルカリ性の薬剤なので、髪に大きな負担を与えます。

 

「ハーブカラー」は、植物の染料で髪を染めます。
植物の染料にはカラーリング効果だけでなく、トリートメント効果もあります。
そのため髪を傷めず染める事が出来ます。
ただし、染まりにくく、明るい色が出にくいため、カラーリング効果は弱いと言えるでしょう。

 

http://www.gekkabijin-hairmake.com/