ヘナとは

新宿で評価が高い美容室などでは最近へアセットはもちろんのこと、ヘアケアのアドバイスや提案に力を入れているところが多い様ですが、その中で
ヘナという言葉を
美容室やヘア用品コーナーなどで目にする機会は多いと思いますが、
具体的にどのようなものなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
ヘナというのはマメ科の植物からできている粉末状のもので、
色味を入れる効果があります。
色は入るのですが、黒髪はメラニン色素が多く、
色が入りにくいため、
脱色効果の無いヘナを黒髪に使用しても、明るくすることはできません。
しかし、白髪には色味が入りますので、白髪をぼかすなどに使用することもできます。
天然のハーブですので、頭皮につけてもひりひりすることがありませんので、
頭皮が弱い人で、白髪染めを探している人にもお勧めです。
ただし、普通のカラー剤とは違って色のバリエーションは少なめですので、
変わった色を入れたいという人には難しいかもしれません。
しかしながら、天然のローソニア効果という保湿や、
つやを与える効果にも優れていて、ハリコシの効果もありますので、

ダメージを抑えてカラーを入れたいという人にも向いているでしょう。
髪質がほそくて柔らかい人にお勧めとなっています。
また、ヘナには色がつかないものもあり、トリートメントとしてのみのヘナもあります。
ヘナにはデトックス効果や頭皮の保湿効果がありますので、乾燥シーズンにもお勧めです。
ココナッツオイルを入れますので、ヘナ独特のにおいをまろやかにすることもできます。
カラーリングなどで髪の毛が細くなってしまった人や、
頭皮が乾燥している人などは、カラーリングだけではなく、
トリートメントとしてヘナを使用してみるのもよいでしょう。